ニュースリリース

コメンタリー
自動車電動化を巡る主な動き PHEVを巡る主な動き
ページtopへ

ニュースリリース

平成30年2月6日

世界初 海洋再生可能エネルギーの飛躍的推進を目指した基礎工法の開発
~現状復旧を可能とする大口径テーパー型基礎杭と施工法の実用化を目指して~


りんかい日産建設株式会社
寄神建設株式会社
株式会社ユニバーサルエネルギー研究所

りんかい日産建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山口竹彦)、寄神建設株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:寄神正文)と株式会社ユニバーサルエネルギー研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:金田武司)は、海洋再生可能エネルギー開発に必須とされる基礎杭の新たな施工法の開発に着手しました(平成29 年度から3 カ年間の事業計画)。開発するのは洋上風力発電の大型化を見越した安価で現況復旧可能な「テーパー型基礎杭」です。風力発電設備は大型化に伴い、施工費用および現況復旧費用は飛躍的に高額となります。また、事業終了後に完全撤去(引抜き)することが世界的な潮流となりつつあり、これらのニーズに対応したものです。テーパー杭を開発することにより引抜きコストおよびCO2 排出量の50%削減を達成し洋上風力発電のさらなる設置に貢献します。


プレスリリース


紹介記事

  • 日刊工業新聞  2018年2月5日  1面
            洋上風力発電
            杭打設・引き抜き作業容易に
            りんかい日産建設ら3社 くさび形で外挿管省略
  • 日刊建設産業新聞  2018年2月5日  2面
            りんかい日産建設ら
            施工費、CO2排出量を半減
            テーパー型基礎杭の新工法
            実用化へ開発に本格着手
  • 日刊建設通信新聞  2018年2月5日  12面
            りんかい日産建設日  寄神建設、ユニバーサル研と施工法確立へ
            洋上風力はテーパー基礎杭
            引き抜きやすく撤去コスト半減
  • 港湾空港タイムス1580号
            りんかい日産等
            洋上風力の基礎工法開発
            テーパー型基礎杭撤去費用・CO2半減
  • 港湾新聞  2018年2月13日
            りんかい日産建設が撤去可能な
            テーパー型基礎杭と施工手法の開発


ページtopへ

ニュースリリース

平成29年11月1日

日本初  福島発  自動車用エンジンを活用したバイオマス発電
~森林バイオマス資源を活用した地産地消型発電技術の開発~


福島トヨペット株式会社
株式会社ユニバーサルエネルギー研究所

福島トヨペット株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:佐藤修朗)と株式会社ユニバーサルエネルギー研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:金田武司)は、森林資源を活用した地産地消型小型発電熱併給システムの実用化開発を開始しました(平成29年度から3カ年間の事業計画)。開発する発電設備は自動車用のエンジンを転用したガス化発電システム(出力50kW程度)です。平成29~30年度の2か年で設計・開発・試運転、平成31年度には1年間の実証運転を計画しています。開発した発電設備は福島トヨペット本社工場(郡山市)で実践的に活用し、工場内の照明、動力、空調などの電力を供給すると共に、ガス化装置およびエンジンから排出される熱は車両の塗装乾燥、床暖房、洗車用の温水などに活用します。


ページtopへ