事業内容

スマートシステム

株式会社ユニバーサルエネルギー研究所は様々なエネルギーをスマートに利活用するシステムを提案しています。蓄電池、水素など各種エネルギー媒体を活用したスマートエネルギーシステムの構築を支援しています。

事業例 EV・PHVの導入事業モデル

 

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)は「動く蓄電池」とも言うべきエネルギー貯蔵機能を持っています。これらは電力を貯蔵するのみならず、瞬時に電力を供給する事ができるため非常時の給電、電力の負荷変動の抑制など多様な機能が期待されています。また、燃料電池車両はさらに大きなクリーンエネルギーを貯蔵出来ることからこれら電気自動車、プラグインハイブリッド自動車の導入促進をはじめ燃料電池車両の電力供給機能に着眼したビジネスモデルを提案・実用化しています。

 

EV・PHVの導入は現状のガソリン車などの普及とは異なった事業モデルになると考えられています。当然エネルギーコストが廉価となるだけでなく、車両から直接大きな電力供給を受ける事が出来る事、太陽光発電など分散型の新エネルギー発電システムからのエネルギー供給が可能である事などから新しい普及戦略が必要です。これまで、経済産業省様と共にEV・PHVタウンの形成および青森県、茨城県、神奈川県などの自治体様と普及事業の推進をしてきました。また、自動車会社様とともに、蓄電池のあらたな利用法について検討をして参りました。









ユニバーサルエネルギー研究所は電気自動車、プラグインハイブリッド自動車の導入・普及を目指した各種ビジネスモデルを構築しております。

事業例 物流システムのスマート化

 
 

東京港で倉庫事業を営んでいる事業者様とコンテナターミナルのスマート化(電動化、蓄電池による回生電力の有効な活用など)を研究し、実事業への実戦的な導入を支援しています。また、横浜港をフィールドとしたスマートターミナルの有り方について検討しました。また、ターミナルでのエネルギー消費実態(計測値)に基づいた具体のコンサルテーションも行っております。








コンテナターミナルでは急峻な電力需要(例えばガントリークレーン)と共に、冷蔵・冷凍コンテナへの電力供給さらに、軽油で駆動する様々な荷役システムが活躍しています。当社では港湾の設備に応じてそれらの最適な運用、エネルギー機器の導入、リニューアルなどのFS調査、事業支援を行っています。